遊び心に溢れ、カラフルで、アイディア次第でどんなデザインも。Epilogレーザーシステムで紙のしおりを作りましょう。お金もかからず簡単にできます。

レーザーを使って、何枚かのカード用紙から様々なパターンや形を切り取り、それらを重ねて厚みのある立体的なしおりを作ります。クラフトフェアや書店、図書館、学校などで売れば大人気間違いなし!

続きを読んで、自分で紙のしおりを作ってみましょう!

グラフィックをダウンロード


必要な道具


Fusion Pro 48 120wを使用しました:

厚紙

ベクター - 速度: 80% // 出力: 20% // 周波数: 25%


ステップ 1:アートワークを準備

ベクターファイルをダウンロードして、アートワークを適宜調整してください。2インチ x 5インチのしおりを作りました。必要に応じて寸法を変更したりアートワークを回転させたりしてください。

しおりのアートワークをレーザー切断

ステップ 2:材料を準備

カード用紙をマシンのベクターテーブルに置き、マニュアルフォーカスゲージを使ってテーブルの焦点を合わせます。

カード用紙をレーザーマシンに置きます

ステップ 3:紙のしおりを切断

グラフィックをカスタマイズしテーブルの焦点を合わせたら、ジョブをレーザーに送信して [GO] を押します。

黄色いカード用紙をレーザー切断

ステップ 4:しおりを組み立てる

ジョブが完了したら、紙に接着剤を塗布して紙を重ねます。しおりのタッセルを上部の穴に通したら、できあがり!

レーザー切断したしおりを組み立てます。
レーザー切断したしおりを組み立てます。
紙のしおりをレーザー切断

レーザー切断した紙のしおりは以下の場所で売ってみては?

  • 書店
  • 図書館
  • 学校の募金活動
  • クラフトフェア


無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


help desk software