Epilogスタジオへようこそ!今回のエピソードでは、個人用保護具に焦点を当て、COVID-19のパンデミックの最前線で戦う方々を守るための、手早く切断でき組み立ても簡単なアクリル製のフェイスシールドを作成します。

As an alternative to PETG plastic, we’ll be using thin flexible clear acrylic, and we've included various vendors below.

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの元、Bauhaus Uni Visorのデザインファイルを提供くださっている、ドイツのワイマール・バウハウス大学、Bauhaus Form + Function LabのJason Reizner氏に感謝と賛辞を送ります。ファイルには、作業域が24インチ × 12インチ(610 × 305 mm)の小さめのレーザー用に、2つのパーツに分かれたヘッドバンドとその組み立て方法が入っています。

 

グラフィックをダウンロード

必要な道具


当社では、80ワットのFusion Pro 32を使用しました。

アクリルの切削

ベクトル // 速度 20% // 出力 100% // 周波数 100%


始めましょう

このプロジェクトでは、IRIS カメラレジストレーションテクノロジーを搭載した Fusion Pro レーザーマシンを使用します。まずはレーザーに、 24インチ × 12インチ(60 cm × 30 cm)の Crystal Gloss Acrylic シートを設置します。

Fusion Pro 80-ワット レーザーマシン 32 × 20
レーザーベッドに乗せたclear gloss acrylicシート

次にオートフォーカス機能を使って、切断するために材料に焦点を合わせます。

透明アクリルにレーザーマシンをオートフォーカス

ファイル情報 & 印刷前の準備

このプロジェクトのファイルは各種フォーマット(CDR、AI、PDF、およびEPS)でご準備していますので、ダウンロードフォルダからお好みのものを探してご利用ください。

ファイルタイプのオプション、Adobe Illustrator形式のBauhaus Uni Visorファイル

切断用のファイルをデザインソフトで開くと、フェイスシールドのヘッドバンドが2種類あることにお気づきになると思います。A はより大きなレーザーとアクリルシートが必要ですが、B は小さめのレーザー用に一般的なサイズの24インチ × 12インチ(60 cm × 30 cm)のアクリルシートに収まるよう設計されたものです。

Adobe Illustrator形式のBauhaus Uni Visorファイル

このジョブをレーザーに印刷する前に、24インチ × 12インチ(60 cm × 30 cm)のシートに入るよう、必要なパーツを選んで新しいファイルに貼り付けます。その後、切り取り線の色を一色、今回は黒に統一します。

印刷、切断するパーツを分離 レーザー切断用にすべての線を黒に変換

印刷プロセス & レーザーパラメータ

パーツを新しいファイルに貼り付けて、切り取り線の色を統一できたので、レーザーに印刷し、フェイスシールドのパーツを切り出すために必要な設定を行います。

フェイスシールドのAdobe Illustratorの印刷ダイアログ

Epilog Software Suiteで、加工のタイプをベクターに、速度を20%、出力を100%、そして周波数を100%に設定して、ファイルをレーザーに印刷します。お持ちのEpilog Laserシステムの設定やワット数、使用される素材の厚さや種類に応じて、何度かテストカットを行いそのレーザーに合った設定に調整されることをお勧めいたします。

切削の設定(アクリル)
Machine: 80-Watt CO2 Fusion Pro
速い20% パワー100% 周波数100%
(Be sure to check the recommended materials settings in your machine's manual.)
Epilog Dashboard IRISカメラレジストレーション、フェイスシールドファイル Epilog Dashboardアクリル製フェイスシールドの設定パラメータ

レーザー切断機での作業

次にレーザーシステム上のタッチスクリーンのコントロールパネルでレーザージョブを選択し、実行ボタンを押してパーツの切断を開始します。

コントロールパネルの実行ボタンを押した、フェイスシールドファイル
アクリル製フェイスシールド切断の設定とパラメータ

レーザーが素早く動き、ヘッドバンドのパーツ2つと本体となるフェイスシールドのパーツを薄い透明なアクリルから切り出します。

アクリル製ヘッドバンドとフェイスシールドのパーツ1を組み合わせる
アクリル製ヘッドバンドとフェイスシールドのパーツ2を組み合わせる
アクリル製ヘッドバンドとフェイスシールドのパーツ5を組み合わせる
アクリル製ヘッドバンドとフェイスシールドのパーツ6を組み合わせる

Bauhausマスクの準備と組み立て

アクリル製のフェイスシールドのパーツの切断が終わったら、レーザーベッドから取り出し、フェイスシールドとなる3つのパーツそれぞれの両面からマスキング素材を剥がします。

アクリルの面1からマスキング素材を剥がす
アクリルの面2からマスキング素材を剥がす
全3つのアクリルパーツから剥がしたマスキング素材

マスキング素材を剥がしたら、Bauhaus提供の組み立てガイドを参照しながらマスクを組み立てます。

bauhaus assembly guide pdf instructions

For the two-part headband section, begin by combining the two headband pieces together and locking them in with the locking tab.

face shield head band assembly part 1
face shield head band assembly part 2
face shield head band assembly lock part 3

Once we have the headband pieces connected, we’ll insert the headband through the face shield holes and utilize the Bauhaus instructions from this point forward to complete assembling the face shield.

アクリル製ヘッドバンドとフェイスシールドのパーツ1を組み合わせる アクリル製ヘッドバンドとフェイスシールドのパーツ2を組み合わせる

You may need to test fit the headband and make adjustments for the user, but once fitted properly, the headband should sit comfortably, as shown here.

ppe-acrylic-face-shield-side-view-assembled
ppe-acrylic-face-shield-back-headband-view-assembled

And there you have it! A PPE face shield quickly created with an inexpensive sheet of thin acrylic and an Epilog Laser machine. Thanks for watching, and please stay safe and healthy

covid-19 ppe face shield mask completed by Epilog Laser


無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.