レーザー切断システム : Epilog Laser を使って模様やデザインを切断する方法。

木、アクリル、プラスチック、繊維をはじめとする多くの非金属素材を切断できるレーザーをお探しですか? Epilog レーザー システムのレーザー切断では、これらの素材やその他の多くの素材で、複雑なデザインと細かな裁断を行うことが可能です。

このシステムをプリンタのようにコンピュータに接続すれば、ほとんどのグラフィック ソフトウェア プログラムで作成したデザインを切断できます。ページ サイズを彫刻するピースのサイズに設定した後、イメージを作成して、レーザーに出力してください。この同じシステムで、素材を彫刻することさえもできます!

金属を切断することはできますか? いいえ。CO2 レーザーの周波数では、レーザー出力を非常に高くしないと、金属を貫通できません。Epilog の CO2 レーザー システムは、木、アクリル、プラスチック、繊維を切断するのに最適です。お客様の素材がレーザー加工に適しているかどうかわからない場合は、Applications Lab までお問い合わせください。

レーザーの動作を説明するには、プリンタと比較するのが一番です。紙に印刷するイメージを取得するところまでは、同じ技術を使用しますが、その後は、CO2 レーザー ビームをオンにして、さまざまな素材に対してデザインを彫刻、切断します。


  • レーザー : CO2 レーザー ソース (30-120 ワット)
  • 彫刻できる素材 : 木、アクリル、プラスチック、ガラス、革、コーリアン、繊維、被覆金属、陽極酸化アルミニウム、石、大理石、セラミックス、マイラー、プレスボードなど。
  • 切断できる素材 : 木、アクリル、プラスチック、デルリン、布、革、メラミン、紙、ゴム、化粧板、コルクなど。

CO2 レーザーによる切断の利点

  • レーザーでは、光線を生成して金属を切断します。そのため、レーザー システムのどの部分も素材と接触しません。
  • 薄い素材の加工のために、すべての Epilog レーザー システムには、吸引テーブルが内蔵されています。このテーブルにより、紙、繊維、薄いプラスチックを固定して、切断します。
  • 精度が非常に高く、画面に描画したパターンのとおりに切断します。
  • 同じ金属片から複数のパターンを切断します。CorelDRAW、AutoCAD、Adobe ソフトウェアなどのさまざまなプログラムからレーザーに出力できます。

Epilog が製造しているレーザー彫刻機システムは、お客様のご要望にお応えするために、4 種類の製品シリーズで展開しています。卓上型の Zing レーザー シリーズから最上位機種の Fusion レーザー彫刻システムまで、製品のエッチングに適したレーザー彫刻機をお選びいただけます。


簡単な手順で素材を切断

コンピュータのグラフィック

グラフィック ソフトウェアで、切断する形状を描画またはインポートします。この例では、1/8" のアルダーから複雑な門を切断します。

レーザー システムは、単体で彫刻、切断を行います。そのため、画面に表示されているラインを切断する必要があることをレーザーに知らせるために、ラインを .001" に設定します。レーザーは、.001" 以下のすべてのラインを切断対象のラインとして読み取ります。 

レーザーによる木の切断

木のシートをテーブルに置き、イメージをレーザーに出力します。システムは、プリンタのようにコンピュータに接続されています。プリント ドライバで、切断する素材に応じて速度と出力を設定し、それらの情報をレーザーに送信します。

レーザーは、切断または彫刻する素材の厚さに基づき、自動的に適切な高さに調整されます。

レーザーで切断した門

最終的な製品は、複雑に切断された高さ 4" の一組の門です。ご覧のように、レーザーは、渦巻き模様と巧みな装飾を持つ美しい仕事を成し遂げました。クリップアート、ロゴ、AutoCAD ファイル、およびその他の大半のグラフィック ファイルが使用可能です。

木製の写真フレーム、プレート、象眼、その他いろいろなものを作製できます。可能性は無限に広がっています! この同じレーザー システムで、アクリル、プラスチック、革、ゴムをはじめとする多くの素材を彫刻、切断したり、金属に永久的なマーキングを付けることもできます。


レーザー彫刻システムがガラス製レーザー管よりも優れているのはなぜですか?

金属とセラミックの部品からなるレーザー管を使うと、ガラス製レーザー管よりもはるかに高速にレーザーを照射できるため、非常に高い品質の彫刻が可能です。また、Epilog のレーザー管は、完全な空冷式となっており、水冷は不要です。


詳細な情報を入手したり、デモを見たりするには、どのようにすればよいですか?

このページのフォームにご記入いただけば、レーザーで彫刻、切断したサンプル、製品シリーズの詳細なパンフレットをお送りします。これらをご覧になり、レーザー彫刻システムで可能なことをご確認ください。



その他の情報

パンフレット、サンプルのお申し込み

はい
Portions of this page translated by Google.