Laser It Challenge #3:感謝祭用のカボチャパイにレーザー刻印する

Epilog Fusion Edge 60Wレーザーで、感謝祭をテーマにしたカボチャ・パイをレーザー刻印する。

彫刻設定
マシン: CO2ー80W Fusion Pro 32
DPI300 速い50% パワー100% ディザリング・パターンJarvis 彫刻方向Top-Up サイクル2
(マシンのマニュアルで推奨される材料の設定を確認してください。)

レーザーマシンでは、ホリデーパイのような甘いお菓子など、あらゆる種類のアイテムを特別なものにすることができます!ここでは、Epilogを活用して、カボチャ・パイに感謝祭のメッセージを刻みました。ホリデー関連のアイテムへの応用は常に需要があります。お菓子にアートワークとして加え、ジョブを実行するだけで、簡単であっという間に仕上がります。パイのような生地にも簡単にカスタマイズされたメッセージを加えることができます!クイックヒント:少し乱れる可能性があるため、今回の場合はオートフォーカスをスキップしてください。Epilog より感謝祭おめでとう!

このプロジェクトでは、 60W-CO2レーザーチューブとFusion Edge 12を活用しました。


Epilog Laserのレーザー彫刻機にご興味をお持ちですか?このページのフォームにご記入ください。総合製品パンフレットと、切削、彫刻したサンプルをお送りします。もしくは以下の番号にお電話ください。


電話番号: +81 42 400 7146

無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*
help desk software
Portions of this page translated by Google.