多くの顧客は1つまたはいくつかの用途での使用を想定して、レーザーを購入します。例えば、カスタマイズされたパウダーコーティングされたタンブラーやエングレービング写真などです。しかし、Epilogレーザーマシンは非常に汎用性が高いので経営者が新たなレーザーの用途を見つけるのに時間はかかりません。これは組織で役立つとともに、提供サービスに追加することもできます。それをよく示す例としてはレーザー彫刻ビルディングサイネージが挙げられます。店頭のレーザーによって自社のサイネージを簡単に作成するだけでなく、このサービスを顧客に提供することもできます。銀行、ホテル、病院、学校といった事業では常に建物内のサイネージが必要となります。これはエングレービングの製品ラインを拡大する絶好の機会です。レーザー彫刻ビルディングサイネージを検討していますか?レーザーパラメーター、材料、インストラクションの完全版については下記のプロジェクトをチェックしてください!

グラフィックをダウンロード

必要な道具


フュージョンプロ 80wを使用

ラスター:速度 100% // 出力 40% // DPI 300

ベクター:速度 50% // 出力 40% // 100F


ステップ1:アートワークを準備

デザインファイルを開き、必要に応じて変更します。ファイルの例にはビジネスキャンパスマップ、従業員以外立ち入り禁止サイン、郵便物の受け取りに関する標示などが含まれます。

レーザー彫刻サイネージ用のデザインファイル

ステップ2:セットアップ

プラスチックシートをレーザーに挿入してください。フュージョンプロを使用している場合、アートワークを彫刻したい場所にドラッグアンドドロップします。

サイネージアートファイルの作業マネージャビュー

フュージョンプロマシンではない場合、ページサイズをプラスチックのサイズにセットして、彫刻したい場所にファイルを置いてください。配置が気になる場合、いつでも各ピースの周囲にベクターボックスを描画することができます。蓋を開いた状態でそのジョブだけを実行し、red dotポインターをオンにします。これは、そのサインのどの部分に彫刻/カットが施されるかの指標になります。

ステップ3:ジョブをレーザーに送信

カット/彫刻の準備が出来たら、描いたボックスを削除して、ジョブをレーザーに送ってください。

レーザー彫刻ビルディングサイネージ

ステップ 4: 組み立て

彫刻とカラープラスチックのカットを行った後、裏地の透明プラスチックを必要なサイズにカットします。2つのピースを繋げるため、スタンドオフを使用します。これでレーザー彫刻およびカットのビルディングサイネージは完成です!

レーザー彫刻ビルディングサイネージ
レーザー彫刻ビルディングサイネージ

レーザー彫刻したサイネージはどこで販売できますか?

  • ホテル
  • 学校
  • 病院
  • 図書館
  • レストラン


無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.