Epilog Laserマシンは、発泡素材をレーザーカットして文字を切り出すのに最適な方法です。レーザーは発泡素材を簡単に切断できるので、看板や、フォトプロップスなどの立体的な作品を制作できます!こんな楽しいアイデアで、次のイベントやお祝いを盛り上げるメッセージをカスタマイズしてください!

グラフィックをダウンロード


必要な道具

  • 発泡ポリエチレン - 四分の一サイズのシート、すなわち 54 インチ(1371.6mm)x 24 インチ(609.6mm)、厚さ 1 インチ(25.4mm)のサイズを選択しました。テーブルのサイズに応じて、レーザーに収まるようにカッターナイフで素材をカットするか、カスタムサイズの発泡シートを入手する必要があります。
  • スプレーペイント(オプション)。
  • カッターナイフ(オプション)
  • Epilog Laserシステム

Fusion Pro 48 120wを使用しました:

彫刻:速度 24% // 出力 100% // 周波数 100


ステップ1:セットアップ

アートワークファイルを開いて必要なだけカスタマイズしてください。別のフォントを選択する場合は、文字を移動したりマウント/配置したりするときに保持できる程度に十分な厚さがあることを確認してください。細いフォントほど繊細になり、太いフォントほど破損しにくくなります。

発泡素材をレーザーカットした文字用のグラフィックス

ステップ2:ジョブをレーザーに送信

好みに合わせてアートワークを変更したら、発泡素材をレーザーに挿入し、マシンに適したパラメーターを指定してジョブを送信します。フォーカス後、テーブルを手動で 15 インチ上に移動します。これにより、レーザービームが発泡素材を完全に通過できるようになります。発泡素材の密度はそれほど高くないため、カットするには、それほどの電力は必要ないでしょう。また、レーザーが初回で完全に通過しない場合は、いつでも再度行うことができます。

発泡素材をレーザーカットした立体的な文字

ステップ3:スプレー(ペイント)とディスプレイ!

文字をカットしたら、スプレーペイントを数回塗布します。塗料が乾いたら、準備完了です!

文字やフレーズをスプレーペイントして、他の装飾にマッチさせましょう。
発泡素材をレーザーカットした文字の完成品。

発泡素材をレーザー彫刻した文字はどの様な販促に使用できますか?

  • 販促用のPOP
  • イベント用の看板
  • フォトブースのプロップスとして


無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


help desk software