Fusion M2 デュアル ソース オプション

Fusion のデュアル ソース オプションを利用すれば、CO2 とファイバー レーザー ソースを 1 つのレーザー システムに組み込むことができます。1 つの筐体に 2 つのレーザー ソースがあるメリットは何でしょうか? スペースです。スペースが限られた環境で操作している場合、あらゆる種類のレーザーが扱える装置を使えばスペースを最大限に活用できます。デュアル構成では、50、60、または 75 ワットの CO2 レーザーの中から選択し、30、または50 ワットのファイバー レーザーを組み合わせます。用途に最も適した構成を選択してください。

レーザー ソースから工作物へのパワー伝達を最大化するには、レーザー ソースの特定の波長に合わせて設計されたミラーが必要です。一部のデュアルソース システムでは、オプティクスの品質に目をつぶるか、オプティクスやレーザー機器を交換する必要があります。M2 では、フォーカス部で合流する手前に、各レーザー ソースの専用オプティクスと専用ビーム経路が用意されています。レーザー ソースやオプティクスを手動で切り替える必要はありません。すべて自動で行われます。どちらのソースでもレーザーの位置合わせは常に安定していて損なわれることがありません。これにより、レーザーの出力を最大にできるだけでなく、Fusion M2 では画像品質が大幅に向上しており、ジョブの処理時間をこれ以上ないほど短縮しています。


その他の Fusion レーザー のオプション



人気のページ

Portions of this page translated by Google.