乳がん啓発:Epilogでレーザー彫刻ウォールアートをカスタム作成 | JDS合成皮革パネル

InkscapeのJDS合成皮革パネル印刷を使用して、Epilogでレーザー彫刻ウォールアートをカスタム作成する方法。

彫刻設定 (JSD合成皮革パネル)
マシン: CO2ー80W Fusion Pro 32
DPI500 速い100% パワー30% ディザリング・パターンStucki 彫刻方向Bottom-Up
(マシンのマニュアルで推奨される材料の設定を確認してください。)

レーザーマシンは、素晴らしいホームデコレーション製品やステートメントピースを作成するための一般的なツールです。乳がん啓発月間を記念して、Fusion Pro 32とIRIS™カメラポジショニングシステムを使用して、この印象的で感動的なウォールアートを作成しました。JDS Industriesのピンクの合成皮革を使用して、レーザーは合成皮革と下に露出する黒い背景の間に劇的なコントラストを作り出します。

布地と織物にカスタムグラフィックを彫刻することは、レーザーシステムにとって非常に一般的な用途です。素材により、直接布地に彫刻を施すことで、さまざまな外観が得られます。コットンやデニムなどの一部の織物では、レーザー照射により上部のわずかな層が気化するため、ほとんど漂白された外観になります。色のないキャンバスやレザーなどの他の素材は、彫刻すると暗いマークになります。インスピレーションや希望のメッセージを彫刻する場合でも、Epilogシステムはさまざまな布地をパーソナライズして、ボタンをタッチするだけで素晴らしいウォールアートやステートメントピースを作成できます。

布地を彫刻する際に留意すべき点をいくつか挙げます:

  • 可能であれば、お使いの設定をテストします。
  • 布地の最上層を素早く焼き払うために、高速で低消費電力の設定から始めます。より高い電力設定は、布地を完全に燃やしてしまう可能性があります。
  • 低い解像度で彫刻する - 彫刻のDPIを下げると、レーザーは少ないドット/インチで燃焼するようになり、レーザーが布地を完全に燃焼させないようになります。

Epilog Laserのレーザー彫刻機にご興味をお持ちですか?このページのフォームにご記入ください。総合製品パンフレットと、切削、彫刻したサンプルをお送りします。もしくは以下の番号にお電話ください。


電話番号: +81 42 400 7146

無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*
help desk software
Portions of this page translated by Google.