Epilog Fusion Edge のご紹介

Epilogの最新レーザーマシンは、最先端の技術と最新機能をコンパクトなデスクトップサイズに凝縮しています。

コンパクトで持ち運び可能なフォーマットで、最新のレーザー彫刻と切断システム技術をお探しなら、Epilogの新しいFusion Edgeレーザーシリーズにはぴったりのレーザーマシンがあります。Fusion Edgeシリーズは、当社最高の機能、高速彫刻、精密切削を取り入れ、中型のレーザーシステムとしてご提供します。Fusion Edgeシリーズは、人気のあるIRIS™カメラポジショニングシステムを備えており、アートワークの配置を簡単にドラッグ・ドロップで操作できます。レーザーベッドのリアルタイムビューにより、アートワークから彫刻へとすぐに移行できます。

Fusion Edge 12は、CO2またはファイバー構成で利用できます。つまり、金属を直接マーキングする場合でも、他の複数の素材を切って彫刻する場合でも、機械を利用できます。Fusion Edge 24は、2倍の作業領域、追加のIRIS™カメラ、80ワットオプションのあるCO2構成で利用可能です。レーザーシリーズの詳細については、Fusion Edge製品ページをご覧ください。また、Fusion Edgeレーザーシステムが高速性能、驚異的な精度、迅速なワークフローなどを実現する様子をご覧ください。

Fusion Edgeの詳細はこちら

Fusion Edge 12 Fusion Edge 24
作業域 24" x 12" x 7"
(610 x 305 x 178 mm)
24" x 24" x 10"
(610 x 610 x 254 mm)
レーザーオプション CO2 またはファイバー CO2
CO2 30、40、50、60 W
30、40、50、60、80 W
ファイバー 30 ワット -
IRIS™ Camera 1オーバーヘッド 2オーバーヘッド

Epilog LaserのFusion Edgeに興味をお持ちなら、このページのフォームにご記入ください。総合製品パンフレットと、切削、彫刻したサンプルをお送りします。もしくは以下の番号にお電話ください。


電話番号: +81 42 400 7146

無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*
help desk software
Portions of this page translated by Google.