レーザー彫刻の革ノート

皮革の種類

レーザー彫刻の仕上がりは、加工する皮革の種類とレーザービームの反応で異なります。皮革には主として4つのタイプがあります。

  • フルグレインレザー - 最高品質
  • トップグレインレザー - 中級クラス
  • 補正グレイン(ボトム/カットスプリットレザー) - 「ジェニュインレザー」ともいう
  • ボンデッドレザー - 低品質。革屑をかためたもの

主な4つのタイプには、それぞれ、染色レザー、ベジタブルタンニンレザー、アンティークグレインレザーなどの種類があります。

スウェードはもう一つのソフトレザーで、上記のタイプほどの耐久性はありませんが、レーザー彫刻やカットができます。

合成皮革

合成皮革(フェイクレザー)もポピュラーなレーザー加工素材です。レーザー加工向け素材の多数の有名メーカーが販売しています。合成皮革にレーザー対応の表示がない場合は、ポリ塩化ビニル(PVC)が含まれていないか製造元に問い合わせてください。ポリ塩化ビニルはユーザーにもレーザー加工機にも有害です。

皮革のレーザー彫刻

皮革の彫刻やエッチング加工はデボス効果をもたらし、皮革の表面に応じて明確でクリーンなコントラストを生み出します。薄い色の皮革には顕著なカラーコントラストが生まれ、ダークカラーの皮革に彫刻するとコントラストは繊細になります。ダイナミックなカラーコントラストが必要な場合は、黄褐色、ベージュ、ライトブラウンの皮革を使用してください。

彫刻の仕上がりには、皮革の種類、レーザーの速度、出力、周波数設定が影響します。他の素材と同様に、満足できる結果が出るまで色々なパラメータで試験するようお勧めしています。

レーザーカットレザー

レーザーの出力に応じて、厚さ 1/16”から 1/4”の皮革をカットできます。二回のパスの場合は多少厚くできます。

レーザーで皮革をカットするメリット

皮革のレーザー切断にはいくつかの利点があります。まず、切断面が溶着するため、ほつれなどの劣化がありません。次に、ユーティリティナイフやロータリーカッターなどの手動カットツールとは異なり、レーザーによる切断は非常に高速で正確、そして最も重要なのは一定していることです。ハンドツールを使用すると反りができる場合がありますが、レーザー切断はこれがありません。

レーザーによる皮革の切断ではパーツ同士の接触がないためブレードや高価なパーツを交換する必要がありません。また、加工するレザーを固定する時間が不要になります。シートをレーザーベッドに挿入し、必要なパターンで彫刻やカットするだけです。

レーザーはどんな革製品を彫刻/カットできますか?

  • しおり
  • ブレスレット
  • ブリーフケース&ポートフォリオ
  • コースター
  • ギターストラップ
  • ハットパッチ
  • ヘッドバンド
  • ジャーナル
  • キーチェーン
  • ネックレス
  • オーナメント
  • ペットの首輪
  • 写真
  • 財布&ハンドバッグ
  • スポーツ記念品
  • 財布
  • その他多数!

皮革彫刻用のレーザーマシンに興味はありますか?

このページのフォームに記入して、全製品ラインのパンフレットとレーザーカットと彫刻されたサンプルを入手してください。

レーザーインスピレーションが必要ですか?

毎月更新するEpilogのサンプルクラブには、レザー特有アイテムなど色々なプロジェクトを紹介しています。無料でダウンロードできるファイル、ステップ・バイ・ステップの説明、レーザー設定、素材ベンダーなどの情報を記載しています!

レーザーシステムには大量生産品にカスタムメッセージや表情を与える力があります。皮革製品にレーザー彫刻を施すにも、皮革を切断してオリジナルの作品を作るにも、皮革はEpilogレーザーシステムを使用するとてもポピュラーな素材です。

あらゆる用途
help desk software
Portions of this page translated by Google.