第8回Epilog ChallengeのグランプリはInstructable作品「Arduino Data Glasses」に決定

 

第8回Epilog Challenge優勝者

「今回も膨大な数のInstructable作品をエントリーしていただき、その創造性と独創性には本当に驚かされました。Alainの作品には本当にワクワクしました。彼がレーザーでどんなすばらしい作品を作ってくれるかとても楽しみです!」

Mike Dean, Epilog Laser

コロラド州ゴールデン(2017年5月6日) - Instructablesが主催する大好評のEpilog Challenge第8回大会において、Alain Mauer氏(ルクセンブルク・メルシート)がグランプリに輝きました。Instructable作品「Arduino Data Glasses for My Multimeter」を作成したAlain氏には、30ワットのEpilog Zing 16レーザー、ベクター切断テーブル、エアコンプレッサが贈られます。優勝作品は第8回Epilog Challengeにエントリーされた1,075作品の中から選ばれました。

 

「信じられなくて、頂いたメールを2回も読み返しました!」とAlain氏は振り返ります。「それでInstructablesのウェブサイトを確認したら、本当だったんです。でもグランプリ受賞をちゃんと実感するには丸一日かかりました。」

 

レーザーを使った取り組みについて聞くと、Alain氏は思い描いている様々なアイディアを私たちに教えてくれました。「こんな装置なら可能性は無限に広がります。」とAlain氏。「最初に考えたのはアクリルを切り出して、自閉症の息子のために、メディアプレーヤー作品用のボタンを作成することでした。そのプロジェクトについてはInstructables.comにもアップしています。あとはカメラの絞り部分ですね、羽根の切り出しにはレーザーが最適ですから。」

 

「今回も膨大な数のInstractable作品をエントリーしていただき、その創造性と独創性には本当に驚かされました。」と、Epilog Laserのセールス&マーケティングの副マネージャーであるMike Deanは言います。「Alainの作品には本当にワクワクしました。彼がレーザーでどんなすばらしい作品を作ってくれるかとても楽しみです!」詳しくは、www.epiloglaser.comをご覧ください。


詳細については、お問い合わせください。

Amy Dallman

マーケティングコミュニケーションスペシャリスト

Epilog Laser

+1 303 277 1188

amyd@epiloglaser.com




人気のページ

さらに詳しい情報を入手する

パンフレットとサンプルのご請求
レーザー彫刻機のパンフレット

連絡先

ご質問がありましたら、以下までお問い合わせください。

Portions of this page translated by Google.