Epilog Laser が Fusion M2 40 レーザーをリリース

 

epilog fusion m2

「その大きなサイズで、フュージョンM 240当社の顧客はさらに大きな仕事に取り組むことができます - 両方のCO 2およびファイバアプリケーション - 1システムインチ今、関係なく、材料の - 木材、ベアメタル、アクリルまたは他の工学プラスチック - 私達のユーザーが同じジョブ内で、すべてのこれらの材料を処理する大規模な、単一のシステムを持っています」。

Mike Dean, Epilog Laser

コロラド州ゴールデン(2015年11月23日) – Epilog Laser のレーザー シリーズの新製品、Fusion M2 40 をご紹介します。Fusion M232 の成功に続き、Epilogは、Fusion M 2シリーズで培った、人気のデュアルソース機能や eViewカメラモジュールなどの技術を最高峰の 40" x 28" (1016 x 711 mm) システムに適用しました。さらにEpilogは、排気流の大幅な改善を取り入れ、発熱部品すべての冷却を向上させました。


「その大きなサイズで、フュージョンM 240当社の顧客はさらに大きな仕事に取り組むことができます - 両方のCO 2およびファイバアプリケーションは - 1つのシステム内で、「マイク・ディーン、エピローグレーザーの販売およびマーケティング担当副社長は語りました。 "今、関係なく、材料の - 木材、ベアメタル、アクリルまたは他の工学プラスチック - 私達のユーザーが同じジョブ内で、すべてのこれらの材料を処理する大規模な、単一のシステムを持っています。」


高品質のコンポーネントと比類なき切断・彫刻の仕上がりに加えて、Epilog の装置は Fusion M2 40の機能独自のオプティクスと、フォーカスに先だってパスを組み合わせる前の各レーザー ソース専用のビーム パスで知られています。「デュアルレーザー システムの中にはオプティクスが弱かったり、レーザー ソースやオプティクスを切り替えざるを得ないものがあります。M 240を使用すれば、交換の必要は一切なく、すべて自動で行われます」


Fusion M2 40の技術仕様の詳細はこちら


詳細については、お問い合わせください。

Amy Dallman

マーケティングコミュニケーションスペシャリスト

Epilog Laser

+1 303 277 1188




人気のページ

さらに詳しい情報を入手する

パンフレットとサンプルのご請求
レーザー彫刻機のパンフレット

連絡先

ご質問がありましたら、以下までお問い合わせください。

help desk software
Portions of this page translated by Google.