Epilog が Fusion M2 用の eView™ Camera Module を発表

 


epilog fusion m2

「eViewは信じられないほど簡単に印刷されたグラフィックスを切断行い、テーブル上の任意の場所から非常に正確な結果を生成します。機械の左上隅にグラフィックをラインアップする必要はありません、あるいは、xとy軸に合わせます。ユーザーは、単に自分の印刷グラフィックにトンボを追加し、カメラがどこでカットすることを正確に検出します。 「

Mike Dean, Epilog Laser

ゴールデン、コロラド州(マーチ9 、 2015 ) - エピローグレーザーは、Fusion Mのための新しいeViewカメラモジュールをリリースすることに興奮しています2レーザ。 eViewカメラモジュールは、アクリル、木材、段ボール、紙、布アップリケ、およびより上の事前印刷/処理されたグラフィックスを切断するための最も簡単な、最も直感的、かつ最も正確なツールです。


「eView により、印刷された画像の切り抜きが驚くほど簡単に、テーブル上の位置に関係なく、極めて正確に切り抜けます」と、Epilog Laser のセールス&マーケティング担当 VP の Mike Dean は話します。「グラフィックを機会の左上に寄せて並べる必要もなければ、X 軸 Y 軸に合わせて並べる必要さえありません」「グラフィックの横にレジストレーション マークを追加すれば、カメラが切り抜き位置を正確に検出してくれます」


作業面にグラフィックを配置すると、Epilog ジョブ マネージャーにより、印刷されたグラフィックとそのテーブル上での正確な位置を示すリアルタイムのレーザー テーブルの写真が表示されます。ジョブ マネージャーから、オペレーターは使用するレジストレーション マークをクリックするだけで、あとは eView Camera ソフトウェアが処理してくれます。


「eView が他社製品と一線を画すのは、その 3 カメラ設計にあります。他のシングルビューカメラシステムでは、レジストレーション マークの位置検出は手動でプログラムしなければなりません。eView システムはレジストレーション マークを「見る」とができ、正確な位置を検出して、切り抜き前にコンピューター画面に正しいプロジェクト レイアウトをフィードバックできるのです」



詳細については、お問い合わせください。

Amy Dallman

マーケティングコミュニケーションスペシャリスト

Epilog Laser

+1 303 277 1188




人気のページ

さらに詳しい情報を入手する

パンフレットとサンプルのご請求
レーザー彫刻機のパンフレット

連絡先

ご質問がありましたら、以下までお問い合わせください。

help desk software
Portions of this page translated by Google.