Epilog Laser および Instructables は第 10 回 Epilog チャンレンジを開催

The popular contest is back for its 10th installment, with a Zing 16 laser as the Grand Prize!

第 10 回 Epilog チャレンジのロゴ

CO2 およびファイバーレーザー彫刻、切断、マーキングシステムで業界をリードするデザイナー&メーカーである Epilog Laser は、人気の DIY サイトの Instructables.com で開催される Epilog チャレンジが 10 周年を迎えることをうれしく思います。第 10 回 Epilog チャンレジは、これから 2019 年 4 月 1 日までエントリーを受け付けています。大賞の受賞者は、Epilog より最新型の 30 ワット Zing 16 レーザー、エア コンプレッサ、およびベクター切断グリッドが贈られます。

30 ワットの Epilog Zing 16 レーザーマシン。

Epilog Laser のセールス&マーケティング担当バイスプレジデントの Mike Dean は次のように述べています。「人々がモノづくりにより夢中になるこの素晴らしいコンテンストにあたり、過去 10 年間、Instructables.com とパートナーを組めたことをうれしく思います。」「DIY のコミュニティでは、レーザーカッターや彫刻機は、製作者のプロジェクトのプロトタイプ、切断パーツ、および他のコンポーネントの作成をサポートする極めて重要なツールであり、Epilog チャレンジのスタート以来、私たちはその賞品の提供を続けてこれたことに喜びを感じています。」

エントリーはほぼすべてのトピックを対象としていますが、参加者はプロジェクトの開発内容の完全なドキュメントを提出する必要があります。

第 9 回 Epilog チャレンジで受賞した 3D スキャナデバイス

過去の Epilog チャレンジの受賞者は、PVC 水道管製ロボフィッシュArduino 内蔵マルチメーター用データグラス、およびArduino 内蔵デスクトップ型 CT および 3D スキャナなどです。

第 7 回 Epilog チャレンジの大賞を獲得したロボフィッシュ
第 8 回 Epilog チャンレンジで受賞した Arduino 内蔵メガネ

Instructables.com は、情熱と創造性にあふれた人々が、革新的なプロジェクトやレシピ、スキル、アイデアを共有するための公開ツールを提供する、人気のあるオンライン プロジェクト共有コミュニティです。Instructables.com の詳細および公式ルールは、https://www.instructables.com/contest/epilog10/をご覧ください。



Epilog Laser プレス窓口:
Amy Dallman、マーケティングコミュニケーションスペシャリスト(Marketing Communications Specialist)
3032771188
電子メール:Amy Dallman

Epilog Laser について
1988年以来、Epilog Laser は、木材、アクリル、プラスチック、布、ゴムなどをはじめとする多数の材料の彫刻と切断を行えるフライングオプティクス方式のCO2およびファイバーレーザーシステムを設計、製造してきました。Epilog は、全タイプの製品にこれまでにないマーキングと切断品質をもたらすレーザー システムの開発を得意としています。また、手頃な価格の使いやすい、汎用性と信頼性に優れたシステムを製造しています。詳しくは、www.epiloglaser.comをご覧ください。

無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.