Epilog LaserがFESPA Global Print Expoに新しいFusion Pro Laserを出展

新しいシステムが5月14~17日にミュンヘンで国際デビュー

Fusion Proレーザー機器が新たな扉を開く

Epilog LaserのFusion Proシリーズが、ドイツのミュンヘンで5月14~17日に開催されるFESPA Global Print Expoで国際デビューを果たします。Epilog Laserが国内でFusion Proシリーズを発表したのは2月のことです。

Fusion Proシリーズには、2台の大型レーザー (32インチ x 20インチ / 812 x 508mmおよび48インチ x 36インチ / 1219 x 914mm) があります。165インチ/秒 (4.2メートル/秒) の彫刻速度と5Gの加速度を誇り、作品を簡単に配置できる高品位のカメラ認識機能も備えています。

写真を基に彫刻された布製パネル

「デザイナーやアーティストが様々な基板の上に機械を使用して美しい作品を作る必要がある看板業界や印刷業界では、レーザーは必要不可欠な存在になりつつあります。飛びぬけた彫刻速度と精密なカメラ認識機能を備えた機器があれば、かつてないほど素早く正確に作品を作ることができます。」とEpilog Laserの営業とマーケティングを担当するマイク・ディーン副部長は言います。

レーザー機器で製作された紙袋
レーザー機器で製作された案内標識

スタンドB5~F05では、レーザー彫刻と切削サンプルの展示に加え、Epilog Laserによるデモも行われます。

FESPA Global Print Expoは、ヨーロッパ最大のスクリーンとデジタルワイドフォーマットの印刷、テキスタイルの印刷、看板の展示会です。開催時間は、5月14、15、16日の午前10時~午後6時と5月17日の午前10時~午後4時です。



Epilog Laser プレス窓口:
Amy Dallman、マーケティングコミュニケーションスペシャリスト(Marketing Communications Specialist)
3032771188
電子メール:Amy Dallman

Epilog Laser について
1988年以来、Epilog Laser は、木材、アクリル、プラスチック、布、ゴムなどをはじめとする多数の材料の彫刻と切断を行えるフライングオプティクス方式のCO2およびファイバーレーザーシステムを設計、製造してきました。Epilog は、全タイプの製品にこれまでにないマーキングと切断品質をもたらすレーザー システムの開発を得意としています。また、手頃な価格の使いやすい、汎用性と信頼性に優れたシステムを製造しています。詳しくは、www.epiloglaser.comをご覧ください。

無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.