フレアアップを軽減する Air Assist

レーザーで特定の素材を切断する際に、数回はフレアアップが発生することに気づく場合があります。身の危険はありませんが、素材のエッジが焼け焦げます。この問題を軽減するため、Epilog では標準装備として Air Assist 構造をすべての Legend シリーズ システムに搭載しています。

Air Assist は、切断面で熱や可燃性ガスが発生するのを抑えるためにベクター切断用途で最もよく使用されています。切断面全体に一定の圧縮空気を吹き付けることで、木材、アクリル、ゴムなどの素材を切断する際に炎が出たり、焼け焦げたり、炭化したりする可能性を低減します。

Air Assist 構造は標準の空気圧縮装置 (最大 30 psi) または Epilog Laser によるオプションのスタンドアロン コンプレッサに簡単に取り付けられます。


その他の Fusion レーザーの機能



人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.