Epilog による CO2 Waveguide レーザー管

密封管内の CO2 ガスが高周波エネルギーによって励起され、CO 2 レーザーが発振されます。レーザーは目に見えない赤外線ビームとして光エネルギーを放出し、さまざまな素材での彫刻、マーキング、または切断に使用できます。

レーザー管が違えば、作られるビームは大きく違います。 ビームが楕円型だったり、出力が安定しなかったり、切り替え速度が遅かったりすると、Waveguide レーザー技術を利用した Epilog レーザー システムで作る画像ほど鮮明できれいな画像になりません。

Epilog のレーザー システムで使用されている特許取得の Waveguide レーザー管により、業界でも最高品質のビームを実現しています。高圧の CO2、細かい位置合わせのいらないミラー、速い切替速度、口径の小さいレーザー管により、最高品質の彫刻および切断を実現します。


More Fusion M2 Laser Features



人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.