カラー マッピング設定

より高度なプロジェクトのレイアウトでは、Epilog のカラー マッピング機能はデザインを素早くセットアップして実行時間を短縮し、より正確なレーザー加工を実現するのに役立ちます。カラー マッピングにより、異なる速度、出力、周波数の設定をデザイン内の異なるカラーに割り当てることができます。1 つのプロジェクトで個別のジョブを実行する必要はありません。カラー マッピングで切断や彫刻する場所やタイミングを指示できます。

プロジェクトで最初に、または 2 番目などにレーザー彫刻する場所を指示する場合、ラスター カラー マッピングを使用して彫刻する順番を設定します。正しくセットアップすれば、複雑な彫刻プロジェクトにかかる時間を大幅に短縮できます!



More Fusion M2 Laser Features



人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.