厚紙はレーザーで切断と彫刻の両方ができるので、汎用性も人気も高い素材です。今回のサンプル クラブ プロジェクトでは、黒い厚紙を彫刻、切断して作ったオリジナルの電球用紙製パッケージをご紹介します。レーザーの速度、出力、周波数の設定を調整すれば、文字をエッチングしたり型を切り抜いたり、あるいは簡単に折り曲げたり組み立てたりできる完璧なミシン目をつけたりすることができます。是非続きを読んで、作成方法を学んでください。そしてご自分の製品ラインナップにレーザー切断した紙製パッケージを追加することを検討してみてください!

グラフィックをダウンロード

必要な道具


60ワットのHelixを以下の設定で使用しました。

彫刻:ラスター // 速度 80% // 出力 8%

スコア:ベクター // 速度 60% // 出力 10% // 10f

切断:ベクター // 速度 70% // 出力 60% // 200f


ステップ1:アートワークを準備

上のグラフィックをダウンロードして、お使いのグラフィックソフトにインポートします。必要に応じて調整を行います。

レーザーでパッケージのデザインファイルを切断。

ステップ2: レーザーに送信

マシンのワット数に適したパラメーターでレーザーにジョブを送信します。

Epilog LaserのHelix内で彫刻を施される厚紙

ステップ3:組み立て

Pop the packaging out of the template, then fold and assemble the paper boxes. Use glue on the inside flap.

レーザーで切断、彫刻した紙製のパッケージイメージのコラージュ

レーザーで彫刻したオリジナルの紙製パッケージはどこで販売できますか?

  • ウェディング/特別なイベント
  • 企業の管理部門/パーティ
  • ビジネス オーナー
  • 専門店


無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.