スマート工場に影響を与える新技術

ロボットやIIoTから3Dプリントやレーザーマーキングおよび彫刻まで、製造分野の変化に影響を与える電子工学。

Epilog FiberMarkレーザーマーキング機器内部の金属部品
レーザーは、さまざまな形、サイズ、量にマーキングする効果的な方法です。

自律型ロボットが工場を占拠し、照明を一切必要とせず、暗闇に機械が配列されるだけの暗闇製造に対する準備がすべての工場にできているわけではありません。

ですが、技術が現代の工場の稼働方法や製造できる製品の種類を変えたり、影響を及ぼしたりするという意味ではありません。産業分野におけるモノのインターネット(IIoT)から3Dプリント、ロボット、工業用レーザーの使用増加まで、新しい技術を工場に導入することで、製造が自律的になり、安くなり、効率が上がるのです。

IIoTが現代の工場を変えます。つながる工場は、製造工程のほぼすべてを監視および制御することができ、製造現場からでも遠隔でも管理できます。つながりはオートメーションを加速し、製造者による認知解析、機械学習、およびビッグデータの利用を可能にし、さまざまな装置の効率の高い製造および装置のメンテナンスと使用の最適化への洞察を与えます。総合的な結果としては、品質保証の向上とコスト削減の両方をかなえる効率の高い工場管理になります。市場調査会社Gartnerによれば、2020年までにIoT技術は、全電子機器の95%の新製品設計および工業空間での機器の製作で採用されるとのことです。

レーザー彫刻された陽極酸化アルミニウム金属タグの冶具
特定のコードまたはIDで製品をマーキングするレーザーの機能は、スマート工場に付加価値機能をもたらすもので、また材料の偽造を防ぐ方法です。

3Dプリントは、ほぼあらゆる種類のデバイスや製品を安く製作できることから、ここ数年、大きな注目を集めています。しばらくは、3Dプリントでは、プラスチックの製造、材料の層を重ねていくことしかできませんでした。ですが、技術は向上し、多くの会社が自動車の交換部品、飛行機の翼、コンクリート製の橋、住宅全体など、3Dプリントを金属、コンクリート、その他の材料に応用する能力を備えるようになりました。3Dプリンターを昼夜問わず動かし、機器や部品を量産して、人間の作業員と最小限の対話しかしない会社まであります。

工場でのロボットの使用は、ここ5年で大きく発展しました。今や、工場の現場、倉庫、物流で見ることができます。現在、協働ロボットに重きが置かれています。つまり、人間の作業員と団結して働き、共通の目標を目指すのです。協働ロボットの中にはただの機械アームもあります。溶接、回路基板の成形、電子機器の接続などの作業に使用できるもの、重い物の持ち上げ、料理に使用できる大型のものもあります。マサチューセッツ工科大学の最近の研究によれば、工場で人間とロボットが働くことは、ロボット単体または人間だけで働くよりも効率的だそうです。また、このシナリオにより、非生産性を85%も低減させたそうです。スマート工場は、人間に危ないまたは有害な作業をさせないよう協働ロボットの使用に向きつつも、人間の仕事場をロボットが完全に奪うことのないようにもしています。まだ導入の初期段階ではありますが、協働ロボットは製造業で破壊的機械をつくると予期されています。

ファイバーレーザーでマーキングした金属板の冶具。
レーザー彫刻は、バーコードスキャナー、RFIDスキャナー、または他の在庫追跡ツールで容易に読み取り可能なとても質の高いマーキングを提供します。

一方で、製造分野で工業用レーザーの使用が増加していることを、レーザー素材加工、レーザー微細加工、レーザーマーキング、レーザー彫刻などの応用で見ることができます。レーザー技術により、工場は製造品に付加価値を加えることができます。例としては、カスタム名やロゴを彫刻する、多数の商品に同時にバーコードをつける、偽造を防ぐために識別マークを追加する、ベアメタル、被覆金属、陽極酸化金属、メッキ金属など、さまざまな材料にさまざまなレーザーマークを付けるなどがあります。どの場合でも、作業は驚くほど微細に行うことができます。

レーザー彫刻は、シリアル番号、タイムスタンプ、部品番号、部品ラベル、データマトリックスコードマーキング、ブランドコード、業界固有のコードを追加できるため、知的財産の保護にも役立ちます。マーキングの質が高ければ、スマート工場にとって不可欠なバーコードスキャナーやその他の在庫追跡ツールで簡単に読み取ることができます。さらに、レーザーシステムはIIoTの一部として工場のネットワークに接続することができ、システムのメンテナンス、監視、稼働、遠隔トラブルシューティング、製品サポートの新しい可能性を示します。

レーザー切削と彫刻を工場に統合する方法の詳細は、このページのフォームに記入するか、以下の番号まで電話でご連絡ください。お客様の地域の代理店と、応用およびデモンストレーションについてお話ください。


電話番号: 042-443-7655

無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.