ウェディング写真業界のテクノロジーの変化に適応する

Epilog Laserのマシンでウェディング フォトを正に永遠に。

写真家はテクノロジーへの適応に慣れています。遠出した場所でのエンゲージメント フォトの撮影を可能にした持ち運びがより便利になった機器であったり、最高の写真を撮ろうと誰もをパパラッチに変身させる高解像度の携帯カメラであったり。写真を撮るという行為は年を追うごとに変化していき、写真家はこうした変化に適応する術を身に付けていきます。それぞれに利点があるテクノロジーの中で表面化しつつあり写真家たちのミックスメディアに対する向き合い方をも変えつつあるのが、ウェディング フォトグラファーのパッケージにレーザー彫刻を付加価値として追加することです。

サービスを差別化する能力は、競争が激化する市場で効率的に注目を浴びる上で必要不可欠です。ウェディング写真用のパッケージを調べれば、大半のパッケージで提供されているオプションはかなり似通ったものだということがわかります。イベントの写真家の数、カバーできる時間、オンラインギャラリーへのアクセス。こうした選択肢は極めて標準的なものです。あるカップルがきれいな写真を撮る三人の写真家に相談を持ち掛けている場合、パッケージ価格を下げることに頼ることなく注目を浴びる方法を見つけ出す必要があります。一部の写真家は、たとえば都市部の結婚式に特化するなど、ウェディング業界においてニッチな強みを作ることによって、サービスの差別化を図っています。ウェディング用のアルバムや写真箱など、ユニークな結婚式後のサービスを提供して注目を浴びている写真家もいます。お客様が提供できる本当にユニークなサービスは何でしょうか?

木、革、石、キャンバスに彫刻されたウェディング写真のグループ

差別化への離陸を始めるための1つのアイディアは、レーザーでエッチングしたウェディング写真をカップルの家に壮観なショーピースとして飾ることです。木、大理石、金属、アクリルはすべて写真の彫刻に適しています。ワインボックスなどの出来上がった作品に写真を追加しようと、マントルピースを飾る1枚の写真として追加しようと、レーザー彫刻により、他の場所では簡単に見つからないユニークな外観を生み出します。

彫刻に適したすばらしい写真を撮るには

彫刻を施した写真が並外れて人気が高いものの、彫刻の製作者は、彫刻を施す媒体に自分が望んだ外観を実現するのが困難なことがあります。ウェディングフォトなどの写真に彫刻を施す前に、工程の進め方を理解しておくことが大切です。

まず留意すべきなのは、すべての写真にうまく彫刻を施すことができるとは限らないということです。では、どうすれば彫刻に理想的な写真を撮れるのでしょうか?

シェーディング:1枚の写真の中に光から暗闇までさまざまな色を取り入れてください。大部分を空が占めるカラー写真では、彫刻を施しても視覚的に面白くなりません。カップルが暗闇の中に立っているときなど、黒い領域が大きい場合も同じです。印刷したときに視覚的に面白くても、彫刻を施したときにそのディティールの大半が失われてしまうこともあります。

暗い背景に立っている新郎と新婦。
この写真は背景がとても暗く、新郎のタキシードがその背景に溶け込みすぎているため、あなたが求めている結果を実現できません。
ニュートラルな背景に立っている新郎と新婦。
さまざまな色が取り入れられているこの写真は、さまざまな素材にぴったりの彫刻を施すことができます。

クローズアップされた被写体:写真の構成はエッチングの品質に欠かせないよう要素です。前景であるこの二人が最も壮麗な彫刻に仕上がることがよくあります。陽だまりの中で手をつないでいる新郎と新婦のエンゲージ写真を撮ることで芸術性は高まりますが、木材にエッチングをするときはディディールを損なうことがあります。

野原を駆けている新郎と新婦。
被写体との距離が離れすぎていると、彫刻の中でそのカップルを判別できなくなる可能性があります。
新郎と新婦の親密さにクローズアップ。
カップルをクローズアップすれば、彫刻を施したときに視覚的な魅力が増します。

写真家が完璧な彫刻家になれる理由

レーザー彫刻システムと言えば、プログラミングに時間がかかり、オフィスの大きなスペースを占有する威圧的な機材であるイメージがあるかと思いますが、実際のレーザーシステムは、基本的な動作はプリンターと同じで、大きさもプリンターとさほど変わらないくらいにまで進化してきました。レーザーを動作させるのは実にシンプルで、デジタル写真を撮り、好みのデザインプログラミングに取り込んでレーザーで印刷するくらい簡単です。

木に結婚式のクローズアップ写真を彫刻する

レーザーに関する学習曲線は、機械の習得ではなく、芸術作品の習得の延長線上にあります。写真家は、ほぼ直感で素晴らしい彫刻を生み出す仕組みを理解できるので、完璧な彫刻家になれます。写真家ではない人たちが写真の最適な構成、照明、コントラストを見つける頃には、写真家はすでに完璧な写真の選定を終え、彫刻の準備を済ませているでしょう。写真家が自然に身に付けたグラフィックデザインのスキルは、機材の使用に完璧に役立ち、PhotoshopやIllustratorなどの大半のデザインプログラムに写真を取り込むことができます。

内製でエッチングを行うべきか、写真の彫刻をアウトソースすべきか

レーザーエッチングの能力をビジネスに追加するための2種類のオプションがあります。レーザー彫刻サービスにレーザーエッチングをアウトソースするか、小さな形態のレーザーに投資するかのいずれかを行うことができます。両方に検討すべきメリットとデメリットがあります。

レーザーエッチングをアウトソースする場合、レーザーを購入する必要がないため、サービスを追加する上での初期費用が低くなります。カスタムエッチングを追加したいが自前のレーザーシステムに投資をしたくない写真家にとってはメリットになります。さまざまな素材の取り扱いに熟知しており、エッチング対象の写真があればすぐさま飛びついて彫刻を始めたいレーザー所有者もたくさんいます。

彫刻されたウェディングフォトのグループ

レーザーを所有することの大きなメリットは、彫刻を行う時間をスケジュール化できることです。レーザー彫刻サービスは、結婚式が盛んに行われるシーズンと繁忙期が一致する極めて周期的なビジネスになることがままあります。このサービスのスケジュールに追われ、カスタム彫刻のターンアラウンドタイムに支障を来すことは容易に想像できます。レーザーを所有すれば、実際の彫刻を行う前に廃材で写真を試し、エッチングに最適な写真を見つけることもできます。

デスクトップレーザーに投資する場合、ハイクオリティの彫刻機と必要なアタッチメントを揃えるのにおよそ10,000ドルかかります。1か月当たり200ドルほどのリース・ツー・オウン(購入権付きリース)オプションもあり、経済的な方法で彫刻を始めることができます。投資タイプを決めるには時期尚早な場合、自分のために彫刻を提供してくれるレーザー所有者を見つけましょう。

もっと詳細を知りたい場合

ウェディングフォト彫刻は他に類のないサービスですので、人気に火が付く場合があります。写真家であろうと、ウェディングプランナーであろうと、専門的なレーザーショップであろうと、現在提供しているサービスのリストにすばらしいサービスを追加することになります。お客様の地域でレーザーシステムの実演をセッティングしたい場合は、本ページのフォームにご記入いただくか、以下の番号にお電話ください。

電話番号: 042-443-7655



無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.