3Dプリント対レーザー彫刻

今、最も熱い二つの技術の類似点と相違点

レーザー切削されたエイブラハム・リンカーンの3D胸像

表面的には、3Dプリントとレーザー切削/彫刻システムの共通点は多くなさそうに見えるかもしれません。でも、類似するところは結構あるのです。

これらの機械は、企業や個人のニーズに合わせた製品を大手サードパーティが提供する手段として始まりました。技術の進歩と小型化により、どちらも一般消費者が手にして、自分のおもちゃを作ったり、オブジェを彫刻したり、小規模なビジネスに使ったりするようになりました。

どちらの機械もコンピュータ駆動です。ユーザーが取り組むプロジェクトの種類にかかわらず、それを実現するプログラムをコンピュータが実行します。3Dプリントでは、プログラミングが製品製作に必要な型造りの鍵となります。これによりユーザーは、新しいさまざまな種類のオブジェ、おもちゃ、デバイス、またはプロジェクトを製作することもできます。レーザー彫刻・切削プログラミングでは、指定する箇所にレーザーが照射されるように調整して、例えばテキストやグラフィックをオブジェクトの中央に彫刻したり看板プロジェクトの立体文字を彫刻せずに切削できるようにします。

レーザーで切削、彫刻したColorado Rockiesの文字

レーザー彫刻機と3Dプリンターは、導入された当時は極めて高額な機械で、お金持ちか高頻度でそのような機械を使用する企業しか買えないものでした。今や安価な3Dプリンターが市場に流入しており、中には100ドルほどのものもあります。とはいえ、高級な3Dプリンターは機能と品質によっては数千ドルもします。レーザー彫刻機も高額なものもありますが、近年ではより手頃な価格になっています。また、企業がレーザー彫刻機を安値でユーザーに貸し出すこともあります。

これらの機械の違いは明白です。3Dプリントでは、プロジェクトを丸ごとプリントすることができます。レーザー切削機/彫刻機を使えば、ロゴ、バーコード、景品などをオブジェクトにエッチングやマーキングしたり、試作品を切削したり、また3Dモデリングを製作できます。木材、プラスチック、ガラス、金属、ゴムなど、ほぼすべての材料に彫刻できます。3Dプリントではユーザーはプラスチックを使うことがほとんどですが、大きな企業は金属、ガラス、さらにはコンクリートの3Dプリントのサポートも強化しています。

3Dプリント

3Dプリントは積層造形としても知られ、材料を重ね合わせて層を形成し3次元のオブジェクトを製作していく工程です。

3Dプリントのオブジェクトは、コンピュータ支援設計(CAD)ソフトウェアを使用することでどんな形にもできます。オブジェクトの大きさは、プリンターのサイズと機能によって極小のレベルからビルまでさまざまです。積層造形のメリットは従来の製作方法に比べて工程が非常に速いというだけでなく、異なる用途に応じてオブジェクトをカスタマイズできるところです。

3Dプリンターを使った複雑なデザイン

対応できる複雑さのレベルと効率の高まりから、ここ数年、新しいエキサイティングな方法で幅広い業界のさまざまな製品やデバイスを丸ごとを製作できるような3Dプリントが増加しています。これらのプリンターは、従来よりもはるかに安価に部品やオブジェクトを製作できます。

3Dプリントで何が作れるのでしょうか。いろいろなものが作れます。

Adidasは消費者にさらなるフィット感を提供するため、3Dプリントを用いて靴のカスタムソールを製作しています。アメリカ海軍は最近、将来の軍用潜水艇を3Dプリントしました。航空機や宇宙船の部品の製造に3Dプリントを用いる組織もあれば、より安価な医療用部品やプロテーゼの製造に用いる組織もあります。3Dプリントで第三の親指を作成した人もいます。Academiaは、ロボットの伸縮皮膚、「スタートレック」タイプのトラクタービーム、発展途上国の顕微鏡、ウェアラブル体温モニターを3Dプリントしています。

3Dプリンターはオブジェクトをプリント

これはイノベーションの入口にすぎず、DIYおもちゃの領域にも入っていません。これはおそらく、3Dプリントの最大のカテゴリーであり、2020年までに数十億ドル規模の影響をおもちゃ市場に与える可能性があります。

レーザーによる彫刻

レーザー彫刻は、レーザービームで材料の表面の一部を除去して見たり感じたりできるイメージを作る工程です。レーザーは、彫刻工程で高い熱を発し材料を蒸発させます。レーザービームに、木材、アクリル、革、コルクなど、さまざまな材料を切削するよう指示することもできます。

かつては、大企業または賞品/トロフィー工房だけで用いられる企業向けのアイテムパーソナライズ工程と考えられていましたが、メーカースペースやEtsyなどの電子商取引Webサイトが増えるにつれ、小企業でもレーザー彫刻を使用するようになっています。ジュエリー、手工芸用品、ペン、工具、財布、ガラス製品、写真、iPhoneカバー、楽器など、あらゆる製品をレーザー彫刻でカスタマイズできます。

レーザー切削・彫刻されたワイン醸造用ブドウ園の模型

最も一般的なレーザー彫刻の用途はロゴ、ブランド、または何らかの名称を使ったオブジェクトのカスタマイズです。このパーソナライズの増加によりレーザー彫刻の普及が進み、結婚式、誕生日、記念日、特別な企業行事、または景品用に特別なアイテムを仕上げる技術を提供する自営業者がとても多くなっています。レーザーは材料を切断できるため、これらのシステムは試作品、建築モデルなどの製作用として人気が高まっています。

レーザー彫刻は最近、シリアル番号、時刻印、部品番号、コンポーネントラベルの彫刻、バーコードのエッチング、データマトリックスコードのマーキング、ブランド化、業界固有のコードの彫刻などの工程を持つ産業部門の関心を集め、拡大しています。

産業界ではレーザー彫刻を、デバイスや製品に追加的な安全防壁を設け、詐欺を防止し、在庫を容易に追跡する手段として利用しています。

レーザー彫刻されたスケートボードデッキ

市場調査会社IBIS Worldによれば、産業界と自営業者の使用が増えたことで、レーザー彫刻は5年前から2016年までの複合年間成長率(CAGR)は5.5パーセントを記録しました。レーザー彫刻はより身近になり、多くの企業が購入できる水準まで価格が下がっていることから、今後5年で収入と出荷台数が増加すると予想されています。

レーザー切削機/彫刻機には多くの種類とさまざまな機能がありますが、ほとんどの場合、金属を含むほぼすべての材料の表面をエッチングまたはマーキングするのに使用されます。小物を彫刻できる小型で手頃な機械から、一度に複数の物を彫刻できる巨大な機械まであります。Epilog Laserには、16インチ x 12インチ、24インチ x 12インチの領域を彫刻するコンパクトなレーザーシステム、および最大40インチ x 28インチの大きなシステムがあります。

レーザー切削機と彫刻機の詳細については、当社までお問い合わせください。お近くの販売代理店でデモをご用意しますので、どのオプションが適切かをご確認ください。



レーザー機器はお客様の次のプロジェクトに貢献できるでしょうか?このページのフォームにご記入ください。総合製品パンフレットと、切削、彫刻したサンプルをお送りします。詳細は以下の番号にお電話ください。


電話番号: 042-443-7655



無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.