産業市場がレーザー彫刻に注目する理由

Epilogのレーザーマーキングシステムがどのように産業部門に貢献しているかをご覧ください。

Epilog Fusion M 2機械の金属板の基礎

特定のアイテムをカスタマイズし、知的財産を保護し、より高いレベルの安全対策を組み込む能力は、工業用途で使用されるレーザー彫刻の発展につながります。

レーザー彫刻は、小企業においてロゴや特定のブランドを社内アイテムに追加するのに用いられる他、アイテムに消すことのできない印をつけ、偽造品や複製品に対するチェックアンドバランスを提供します。

レーザー彫刻はレーザービームで材料の表面層を物理的に除去し、空洞を露出させる工程で、目に見えるイメージを浮かび上がらせます。ファイバーレーザーの場合、希土類元素イッテルビウムが添加された光ファイバーケーブルの端部に、強力なダイオード光をポンプ入射することでレーザーの生成が始まります。ダイオード光のエネルギーは光ファイバーケーブルのイッテルビウムに吸収され、光ケーブルの下を進む光子の形で放出されます。光ケーブルを離れる光子は、1062nmの波長のレーザビームを生成します。このプロセスは迅速で、レーザー彫刻機のほとんどはほぼすべての種類の金属と多くのエンジニアリングプラスチックに対応します。

レーザー彫刻市場の大きな部門の一つとして識別セキュリティがあり、そこではクレジットカード、IDカード、機密文書、その他高い安全対策を要するアイテムに対するレーザー彫刻が理想的な選択となります。IDカードについては、透明の上層に影響を与えることなく下層の顔料の色を変更するために、多層形式が使用されています。これにより、詐欺からの安全性が確保され、高品質の画像や文字と共にそれぞれの組織のニーズに応じた不正防止機能を加えたカスタマイズが可能になります。

Epilogのファイバーレーザーでマーキングした3爪チャック
Epilogのファイバーレーザーで作成したIDマーク

しかしこれは、事業改善を目指す産業界に対して行うレーザー彫刻提案の序章にしかすぎません。レーザー彫刻により、シリアル番号、時刻印、部品番号、コンポーネントラベルの彫刻、バーコードのエッチング、データマトリックスコードのマーキング、ブランド化、業界固有のコードの彫刻などが可能です。レーザー彫刻は、バーコードスキャナー、RFIDスキャナー、または他の在庫追跡ツールで容易に読み取り可能なとても質の高いマークを提供します。

レーザー彫刻は、部品の識別、在庫の管理と追跡、安全と警告の通知、および紛失防止の重要なツールにもなりました。

その結果、ロボット工学、3Dプリント、在庫管理、銀行、セキュリティ、政府機関、自動車部門を含む多くの新しい産業部門が、より一層の安全防壁を求めてレーザー彫刻業界に押し寄せつつあります。

レーザー彫刻の利点

Epilog Laserシステムを産業用彫刻マークに使用することによりさまざまなメリットが生まれます。

まず、ファイバーシステムまたはGalvoシステムはステンレス鋼、工作機械鋼、真ちゅう、銅、ニッケル、シリコン、チタン、アルミなど、ほとんどの地金や被覆金属にレーザーエッチングができます。特定の部品製作に使用されている金属の種類にかかわらず、ファイバーシステムまたはGalvoシステムならマーキングが可能です。

部品棚

2番目の利点として、一度に1個のみ彫刻する方式とテーブル上に配置したコンポーネントを彫刻する方式のいづれの場合もレーザー彫刻は対応できます。1個当たりのサイズ・テーブルのサイズ次第ではレーザー彫刻で一度に数百個の彫刻が可能です。特定の部品にIDカードや彫刻バーコードをマーキングする際、これは特に重要なポイントになってきます。

最後に、大きな部品は面倒で彫刻が難しいかもしれませんが、Epilog LaserのFusion M2 40ファイバーレーザー彫刻機などの機械なら、最大40インチ x 28インチ x 12.25インチの特大部品やツールを彫刻できます。

最適なマシンを見つける

工業分野で最も一般的に使用されるレーザー彫刻機は、主に地金のマーキング向けに設計されている上記のファイバーレーザシステムまたはGalvoシステムです。Galvoシステムは通常レーザー彫刻の工程は高速でこなしますが、加工対象物は小さめです。

Epilog Laserの新しいG2は製品のインデックス作成が不要で、彫刻の品質を損なうことなく広い作業域でレーザーマーキングができる、初のGalvoレーザーシステムです。G2は、空冷式パルスファイバーレーザーで、最大24インチ x 24インチの広域まで調節可能な彫刻域に対して高速で彫刻できます。

従来のGalvoシステムでは、加工範囲が設定フォーカス範囲内の小さな作業域に制限され、またユーザーがクラスIVオープンレーザーを導入するには安全装置が必要でした。Epilog Laser G2では、ダイナミックフォーカスレンズ技術で焦点の高さとビーム伝送を調節してこの問題を解消しました。大型の加工物を安全に彫刻できます。

Epilog Laser G2の扉が開く

ファイバーレーザーシステムはGalvoシステムほど高速ではありませんが、テーブル上に多数配置した部品/コンポーネントをマーキングするのに最適です。

ファイバーレーザーはさまざまな台のサイズに対応し、ほぼすべての金属またはエンジニアリングプラスチックを素材とするマーキングオブジェクトを大量に生産します。

彫刻を施す

各企業は知的財産の詐欺および複製を防ぐ目的で安全防壁の追加やバーコードおよびその他の識別タグを特定の部品にエッチングする必要があり、またその加工時間の短縮も課題です。Epilog Laserは重労働や長時間のトレーニングを必要とせずに使い勝手のいい機能性を備え、市場投入期間を短縮できます。

Epilogの工業レーザーシステムの詳細については、当社までお問い合わせください。お近くの販売代理店でデモをご用意しますので、どのオプションがお客様の状況に適切かをご確認ください。

お客様の工業用マーキングのニーズにレーザーがお役に立てるでしょうか?このページのフォームにご記入ください。総合製品パンフレットと、切削、彫刻したサンプルをお送りします。詳細は以下の番号にお電話ください。


電話番号: 042-443-7655



無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.