レーザー彫刻の8つの成長要因

アクセシビリティ、新しい市場獲得など、レーザー産業はかつてないほど健全になっています。

パーソナライズされたミニ木製彫刻バット。

かつてレーザー彫刻は、事業会社が部品や工具にマーキングを入れる工程、また賞品工房が賞品や表彰用の品をカスタマイズする工程、そのような工程でしか使われないと思われていました。しかし今日、小企業が数多く現れて製作活動活発化し、レーザー彫刻はわずかな投資で利益を生む産業へと花開きました。

市場調査会社IBIS Worldによれば、レーザー彫刻市場はここ5年で大きく成長し、2016年の年平均成長率(CAGR)は5.5パーセントを記録しました。この成長の要因は、スマートフォン、タブレット、食卓食器類、木材、金属、その他の材料に施すパーソナライズやカスタマイズに対する需要が、消費者の間で高まっていることです。さらに、企業は景品、従業員向け賞品、社内看板のカスタマイズなど、独自の目的でレーザーを使用しています。

レーザー彫刻は簡単に利用でき手頃感のある価格で手に入るため、今後5年で収入や出荷台数は増加を続けると予想されています。Epilog LaserのZingシリーズなどの製品群は可処分所得や裁量支出の継続的な増加と相まって、小企業のノーブランド商品に特別な印象を加えることができます。

パーソナライズへの関心の高まり、利用しやすさ、制作者の動向、ブランド化、彫刻の新しい応用事例など、レーザー彫刻の発展を後押しする要因は他にもあります。

要因1:パーソナライズの重視と関心の高まり

電子商取引WebサイトEtsyを訪問したことのある方は、ここ数年でレーザー彫刻がいかに発展しているか既にご存知のことでしょう。アイテムのパーソナライズとは、結婚式のシャンパンフルートのような何気ないアイテムを特別な価値の高いプレゼントに変えてしまう方法です。

Etsyで「レーザー彫刻」を検索すると、ジュエリー、ウェディンググラス、手工芸用品、バッグや財布、コンピュータ用品、パーソナライズされた犬の首輪やタグ、木工品、パイントグラス、ペン、ツール、ゴルフのティーなど、パーソナライズされた商品を限りなく提案する業者が山のように表示されます。

CerMarkでマーキングしたステンレス鋼のグラウラー

小規模な自営業や在宅勤務がトレンド化する中、レーザー彫刻はちょっとしたアクセサリーやその他多数のアイテムを、競争相手から差別化する手段となっています。Etsyの多くの業者は、ブランケットレーザー彫刻サービスすなわちユーザーが彫刻したいアイテムを業者に送り、業者が必要なロゴ、名前、グラフィックなどを彫刻して返送するサービスも提供しています。

ビジネスの世界では人気の電子機器が何百万もの業者によって生産され、多くの人によって所有される中、レーザー彫刻にはそれらの機器に個人的味わいを添える機能があります。これら大量生産の電子機器にカスタムのグラフィック、名前、またはロゴを彫刻することで、増え続ける機器の大群に負けずに個性化を達成する素晴らしい方法を手に入れることができるのです。

要因2:今やもっと身近に

レーザー彫刻機器や切削システムは、かつては遠い存在でした。供給も限られていましたし、何よりも機器の所有コストが典型的な自営業者や小規模業者が技術の確保に要する費用を超えていました。

レーザー彫刻はもはや大きな工場だけの話ではありません。これからの買い手は今やはるかに少ないコストでこれらの機械を手にすることができるのです。レーザーを購入・リースする場合でも、一定時間借りる場合でも、お客様のニーズに応える拠点は世界中にあります。Epilogは、アメリカ各地の店にレーザー彫刻/切削ツールをご用意し、世界各地に流通業者を配置しています。学術機関や大学にはその地理的位置からシステムを見つける方法もご提供しています。

このような身近さにより、ファブラボ、メーカースペース、学校の研究室などがレーザー彫刻を導入し、学生に教えたり、カスタマイズのサービスを探している顧客に差別化を提供したりするケースが増えています。

Epilog Laser機器を使用したさまざまな紙の切り抜きモンスター

要因3:メーカーの動き

消費者が自分で何かをすることに満足感を見いだし続ける中、「製作者」の数は日々増えています。新しいスキルを学び、新商品を作り、さらにプロジェクトの外注コストを節約することのできる自作(DIY)はとても人気になりました。

Kickstarterやクラウドファンディングはここで大きな役割を果たし、さまざまな人々からさまざまな製品が次々と生み出されています。主要な支援手段となっているクラウドファンディングがなかったら、こういった商品の一部は日の目を見ることはなかったでしょう。

レーザー彫刻はこの状況で重要な役割を果たしています。Epilog Laserは最近のMaker Faire Bay Areaでその力量を発揮しました。趣味に熱中する人や金物を扱う人は、レーザー技術とその機能に強い関心を示しました。レーザー彫刻と切削の導入により、試作や装飾彫刻を通してまたカスタム彫刻事業を始めることで、コンセプトを販売可能な形に変えることができます。

要因4:産業用途の増加

小企業にとどまらず、産業セグメントでの技術的な使用事例でもレーザー彫刻が急増しています。大きなセグメントの一つとして識別セキュリティの分野があります。そこではクレジットカード、IDカード、機密文書、その他高い安全対策を要するアイテムにとってレーザー彫刻が理想的な選択となります。

レーザー彫刻は品物に消すことのできない印をつけ、偽造品や複製品に対してチェックアンドバランスを提供します。IDカードについては、透明の上層に影響を与えることなく下層の顔料の色を変更するため多層形式が使用されています。これにより、詐欺からの安全性が確保され、高品質の画像や文字と共にそれぞれの組織のニーズに応じた不正防止機能を加えたカスタマイズが可能になります。

レーザー彫刻機でマーキングされたディボットツール
レーザー彫刻機でマーキングしたオイルフィルター

レーザーで、シリアル番号、時刻印、部品番号、コンポーネントラベル、日付コード、バーコード、または業界固有のコードをエッチング/彫刻できます。レーザー彫刻は、部品の識別、在庫の管理と追跡、安全と警告の通知、および紛失防止の重要なツールにもなりました。

技術の進歩とともに、将来的にはロボット工学、3Dプリント、および自動車産業にさらなる安全対策の手段を提供することが、ロボット彫刻の役割になるでしょう。

要因5:ブランド化の強化

ブランド化は、世界での存在感を企業に与えるだけでなく、製品や企業資産の盗難を阻止する巧妙な手段となっています。企業が提供する品物に会社のロゴや名前をレーザー彫刻することで、所有者を明示できます。盗品を売ろうとする者は、ロゴや企業名が大きく刻まれていることの理由を聞かれて釈明にさぞかし困ることでしょう。

レーザーでバーコードやシリアル番号を簡単にマーキングできるため、企業にとってこれらの付いた製品は一般的な電子アイテムよりも追跡しやすく、自然なブランド化につながります。

ロゴの彫刻されたスレートコースター

要因6:手頃な価格

レーザー彫刻機や切削機の人気が高まる一方で、市場の価格は安定しています。また、レーザー彫刻市場の競争が非常に激しいことから(低品質彫刻の低ワットシステムが出現したため)、レーザー彫刻機や切削機を購入またはリースを考える場合に、破産するほどの大金を用意する必要もなくなりました。

要因7:付属品の多様化

レーザー切削および彫刻の進歩にともなって、市場では新しく開発された付属品が出回るようになり、用途も多様化し便利になっています。Epilogのほぼすべてのシステム用のロータリーアタッチメント、専用レンズ、エアコンプレッサ、ピンテーブル、写真処理ソフトウェアを使用することで、円柱や不規則な形の彫刻が可能になります。これらの付属品の一部は、特別な切削を行う場合の質の確保にも役立ちます。

Epilogレーザー機器内のロータリーアタッチメントの陽極酸化アルミニウム懐中電灯

要因8:レーザー彫刻の新たな異なる市場

最後に、製作者、Etsy、ID追跡がレーザー彫刻の用途拡大に貢献する一方で、業界の成長をさらに後押ししている要因は他にもあります。実際のところ、レーザー彫刻ツールが将来的にさらに発展するであろう理由の一つには、新しい部門の開発があります。これらの部門には、木工、金属加工、デジタル、および小売の看板、モデル製作、アパレルショップ、生地専門店、ガジェット、スポーツ用品などがあります。

これらの8つの要因は、レーザー彫刻機/切削機市場の発展に寄与し続け、目覚ましい成長から5年が経過した今もなお、減速の兆候を示さずにいます。

当社の月次ニュースレターにご登録いただくと、業界ニュース、サンプルのレーザープロジェクト、ビデオなどをご覧いただけます。

Epilog Laser システムに興味をお持ちなら、このページのフォームにご記入ください。総合製品パンフレットと、切削、彫刻したサンプルをお送りします。詳細は、以下の番号にお電話ください。


電話番号: 042-443-7655



無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.