デュアルソースレーザーマシンはお客様の要件に合うでしょうか?

デュアルソースレーザーマシンご検討の際には、3つの質問に回答して頂く必要があります。

Epilog Laserデュアルソースレーザー機器で彫刻された栓抜き

レーザー市場でデュアルソースレーザーシステムのオプションがとても増えていることにお気づきになるでしょう。その理由は何でしょうか?需要があるのです。1台のレーザーシステムにたくさんのオプションがあるととても魅力的です。デュアルソースシステムを使用すると、用途に最適なレーザーソースを素早く簡単に選ぶことができます。

レーザーをご存じない方のためにご説明すると、デュアルソースシステムとは、1台のレーザーシステムにCO2レーザーとファイバーレーザーの両方を搭載しているものです。CO2レーザーはレーザー周波数が非常に多様で、木材、アクリル、プラスチック、ガラス、大理石などにしっかりと対応します。CO2システムだけでは金属への深い彫刻ができないため、ここでファイバーレーザソースの出番となります。システムによってはソースを切り替えたり両方のソースの並行使用も可能です。使いたいソースを選ぶだけで良いのです。

デュアルレーザーソースのメリットは、システムの用途の広さです。デュアルソースシステムがお客様の用途に最適となる他の状況には、どんなものがあるでしょうか?

1.主に一つのソースのみをご使用の予定ですか?

ファイバーレーザーが必要となるのは限られたケースだけで、CO2レーザーの使用が85%になりそうですか?そうであればデュアルソースは素晴らしい手段を提供します。二つ目の機械を作業現場に追加することなく材料加工能力を確保できます。

Epilog Laserデュアルソースマシンで彫刻されたツール

このデュアルソースでは一度に1つのレーザーソースしか使用できず、CO2とファイバーの両方のジョブを同時に行うことは不可能なので、ご注意ください。CO2レーザーとファイバーレーザーの両方を100%使用し続けるご予定の場合、CO2システムとファイバーシステムを個別に購入する方が良いオプションとなるかもしれません。

2.スペースの制限がありますか?

作業場のスペースが限られている場合、デュアルソースシステムはとても魅力あるオプションになります。マシン1台分のスペースしかない場合、デュアルソースがあれば物理的な作業スペースを拡張することなく機械の機能を最大限に活用できます。

Epilogファイバーレーザーでマーキングした金属板の基礎

3.製品に金属とそれ以外の材料が含まれていますか?

カスタマイズしたい製品は、金属と木の両方の素材領域を含むものですか?それともプラスチックやスチールですか?クロムや革はどうでしょうか?このような場合、デュアルソースはお客様の用途に最適かもしれません。デュアルソースシステムがあれば、レーザーに送る一つのジョブでCO2レーザー(木材、アクリル、革など)加工とファイバーレーザー(金属)加工の両方を使用した彫刻が可能となります。

1台のEpilogデュアルソースレーザーマシンでCO2レーザーとファイバーレーザーの両方で彫刻されたクロムと革の容器

これで、デュアルソースシステムが適切な選択であるかどうか少しはっきりしたかもしれません。適切な質問をご自身に問いかける購入プロセスにより、1台のデュアルソースシステムの購入と、CO2レーザーとファイバーレーザーのシステムの個別購入のどちらが状況に適しているかを判断できます。

EpilogのフュージョンM2デュアルレーザーシステムの詳細については、当社までお問い合わせください。お近くの販売代理店でデモをご用意しますので、どのオプションがお客様の状況に適切かをご確認ください。

デュアルソースレーザーシステムはお客様の用途に適しているとお考えですか?このページのフォームにご記入ください。総合製品パンフレットと、切削、彫刻したサンプルをお送りします。詳細は以下の番号にお電話ください。


電話番号: 042-443-7655



無料パンフレットとサンプルのご請求

パンフレットやサンプルを受け取り、当社やお近くの代理店からより詳細情報を入手する。

*
*
*
*


人気のページ

help desk software
Portions of this page translated by Google.